メジャーリーグ総合サイト
MLB FRIENDS
HOMENewsHall of FAMEMLB 30Teams

BallparksRecordsMuseumBBS


メジャーリーグのニュース。ほぼ毎日更新しています。

 ニュース(2003年7月) <<--BACK  NEXT-->>
7月10日
ナ・リーグのホームラン数トップに28号のボンズが浮上
 BOX SCORE
ジャイアンツ 0 0 0 1 0 0 1 1 0 . 3
ロッキーズ 0 1 3 0 3 0 3 1 X . 11

 HR Ranking―NL
選手 チーム 本塁打
1 バリー・ボンズ ジャイアンツ 28
2 ジム・エドモンズ カージナルス 27
3 マイク・ローウェル マーリンズ 26
3 アルバート・プホルス カージナルス 26
5 アダム・ダン レッズ 25
 ジャイアンツのバリー・ボンズが、10日のロッキーズ戦でリーグ単独トップとなる28号本塁打を放った。試合はロッキーズがウィルソンのホームランなどで今季初登板・初先発のブライアン・パウエルを攻め、11-3で圧勝した。

 ボンズは4回の第2打席でロッキーズ先発のダレン・オリバーからライトへソロホームラン。今季の本塁打数を28とし、エドモンズを抜いて単独トップに立った。
女性殴打したランドール・サイモンに罰金の処分
 9日のミルウォーキーでの試合で、ソーセージレースに参加していた女性を殴ったパイレーツのランドール・サイモン外野手に罰金の処分が下った。額は432ドル。

 9日のブリュワーズ戦の6回、ミルウォーキーの伝統となっているソーセージレース中に事件は起こった。このレースは、人が着ぐるみの中に入って、走る。というもの。サイモンは、走ってきた女性を悪ふざけでバットで殴打。女性が転倒して怪我をした。そのあと、逮捕され警察に事情聴取される始末。サイモンは消して悪気は無かったといっている。

日本人選手情報
松井 インディアンス戦4打数無安打 インディアンスとの3連戦でいずれもノーヒットに終わる
イチロー オリオールズ戦4打数無安打 現在首位打者のモーラに6厘差まで迫る

7月9日
オールスターの32番目枠はバリテクとジェンキンス
MLBは、オールスター出場選手の最終枠を決めるファイナルボートの投票結果を発表し、アメリカンリーグはレッドソックスのジェイソン・バリテク捕手、ナショナルリーグはブリュワーズのジェフ・ジェンキンス外野手がそれぞれ選出された。

 バリテクは、前半戦ここまで.296、15本塁打を記録。321万509票を集めた。2位には、今年オールスターが行われるシカゴ・ホワイトソックスのフランク・トーマス、3位にはアスレチックスのエリック・バーンズがランクインしていた。
 一方、ナショナルリーグで選出されたジェンキンスは287万2200票を集めた。ここまでの成績は.285、20本塁打。2位はジャイアンツのベニート・サンティアゴ捕手、3位はパイレーツのケニー・ロフトン外野手だった。

日本人選手情報
松井 インディアンス5打数無安打 2試合連続ノーヒット
イチロー オリオールズ戦4打数1安打
石井 パドレス戦6回1/3を4失点 今日は打たれたが、打線の援護で勝ち投手に
大家 フィリーズ戦8回2失点 好投したが、打線の援護がなく9敗目

7月8日
ナ中地区の熾烈な首位争い、アストロズが首位に並ぶ
 STANDING
チーム W L
1 カージナルス 46 43 -
2 アストロズ 46 43 0.0
3 カブス 45 44 1.0
4 レッズ 40 48 5.5
5 パイレーツ 39 47 5.5
6 ブリュワーズ 36 52 9.5

 BOX SCORE
レッズ 0 1 0 0 1 0 0 1 0 . 3
アストロズ 0 2 0 0 1 3 0 0 X . 6
ナショナルリーグ中地区では、熾烈な首位争いが続いている。この日、2位だったアストロズはレッズ戦に6-3で勝利し、首位カージナルスに並んだ。

 アストロズの先発は4連敗中のレディング。2回にレッズの主砲アダム・ダンのソロホームランで1点を先制され、いやなムードが漂ったがその裏、エンスバーグのホームランでアストロズは2-1と逆転に成功した。
 5回に再び追いつかれたが、その裏にバーグマンがタイムリー二塁打。6回にも相手のエラーで2アウトから3点を奪い、試合を決めた。8回にはグリフィーの今季9号が出たが、反撃もそこまでだった。

 一方でカージナルスは、ジャイアンツと対戦し、ガララーガ、クルーズのホームランなどで3-8で敗れた。また、この日レッズが敗れてパイレーツがブリュワーズに延長戦の末勝ったため、パイレーツとレッズのゲーム差もなくなっている。

日本人選手情報
松井 インディアンス戦3打数無安打
イチロー オリオールズ戦5打数2安打1打点 先頭打者ホームランで今季9号
長谷川 オリオールズ戦1回1/3を1失点 タイムリー浴びるも4セーブ目を挙げる

7月7日【七夕】
両リーグ週間MVPはレッドマン(FLA)とブレイク(CLE)
アメリカンリーグとナショナルリーグは、7月の1週目の週間最優秀選手を発表した。
アメリカンリーグはインディアンスのケイシー・ブレイク三塁手、ナショナルリーグはマーリンズのマーク・レッドマン投手をそれぞれ選出した。

 アメリカンリーグで選出されたブレイクは、先週8試合で32打数12安打、リーグトップの14打点を記録。4本塁打も放った。その他、アメリカンリーグではヤンキースのデレク・ジーター内野手、ロイヤルズのクローザー、マイク・マクドゥガル投手などが候補に挙がっていた。

 ナショナルリーグのレッドマンは2試合に登板して2勝0敗、防御率2.00。6日のフィリーズとの試合は完投勝利を収めた。マーリンズからは、他にもルイス・カスティーヨ外野手、イバン・ロドリゲス捕手が候補に挙がるなど、チーム状態のよさを象徴していた。

日本人選手情報
松井 レッドソックス戦4打数1安打 最終打席でヒットを放ち、サヨナラの得点、打率は.310に


<<--BACK  NEXT-->>


HOMENewsHall of FAMEMLB 30Teams | BallparksRecordsMuseumBBS
SEO [PR] 転職支援 冷え対策 オリンピック 掲示板 レンタルサーバー SEO